車検切れの自動車を運転した場合の罰則とは

車検の有効期限をついうっかり忘れていて、車検切れになっていたと言う経験をされた事がある方も居ると思います。
車検切れの状態で気になる事と言えば、車検切れは違法なのかどうかという事だと思います。
実際のところはどうなのでしょうか。
ikujtr
車検切れの自動車と言うのは車検切れだけで有れば違法になる事はありません。
乗らずに放置しておくのであればなおの事問題がありません。
ですが、その代わりに公道を走る事が出来なくなってしまいます。
つまり、車検切れの自動車を運転する事が出来ないと言う訳です。
車検切れの自動車を運転してしまった場合はそれは違法となり、罰則が科せられます。
その罰則とは、道路運送車両法の無車検運行に違反する事となります。
その為違反点数は6点、30万円以下の罰金が科せられてしまいます。
それだけでは済まずに、自賠責保険の期間も切れている事がほとんどなので、さらに自動車損害賠償保障法違反となり、さらに違反点数6点、50万円以下の罰金が科せられる事になります。
合計すると、違反点数12点で、90日間の免許停止になってしまいます。
更に、車検切れの自動車を運転中に事故を起こした場合は、自動車保険が無効になり、一切の事がらについて補償されることもありません。
結果的には取り返しのつかない事をしてしまった事になります。
このような事にならない為にも、車検切れの自動車は絶対に運転しないようにする事が大原則だと思います。
自動車を所有していると、車検を受ける事と、任意保険に加入する事が一般的だと思います。
もしも、車検が切れてしまっている自動車の場合は、任意保険に加入する事が出来るのでしょうか。
一般的に、車検切れの自動車については、どこの保険会社でも契約を受け付けて貰う事は出来ないとされています。
その理由は、自動車が公道を走る事ができませんし、保険会社としてもチェックする事が出来ないからです。
仮に車検切れの状態の自動車で、任意保険の期間がまだ継続中であっても、万一事故を起こした場合等は補償してもらう事が出来なくなります。
olukyfu
ですが、任意保険の保険期間中で車検が切れていた事を知らずに自動車を運転しており、事故を起こしてしまった場合には、対人賠償と対物賠償は問題なく対応してもらえるそうです。
この場合は自賠責保険の保険期間内である事が条件になりますが、大抵の場合は、車検と自賠責保険の期間と言うのは同じ日付である事が多いので、あまり当てに出来ないと言っても良いでしょう。
こうした例外もありますが、大抵の場合は任意保険での対応はしてもらえないと考えておいた方が良いと思います。
こうした事態を招かない為にも、車検はしっかりと受けるようにし、自賠責保険の期間等も確認しておく事をおすすめします。
更に任意保険には例え小さな補償であっても加入しておく事により、万一の時に役立つ事も考えられますので、こちらの加入もしておいた方が良いと思います。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報